腰 負担 マットレス

いい年なんだから老化だろうなんて考えなくてよかった。

満員電車に乗る女性

いつも満員電車で立って通勤しています。

 

私が乗る駅だと、どうしても座れないんですよね。長年、そうやって通勤してきたんですが、最近、立っていると腰のあたりが痛くなってきました。

 

目的の駅について、ホームに降りると、なんだか腰にズ〜ンとくる感じがします。

 

私は、女性で30代なんですが、そろそろ老化を考えないといけない年齢なんでしょうか?

 

う〜ん、年齢のせいにしてたまるか!と考え直して、原因は、なにかなって考えていたら、ふと、そういえば最近マットレスを敷いて寝るようになったことを思い出しました。

 

たぶん、それから、なんとなく朝、身体が重いような気がしていました。

 

実家から、もう使わないからともらったマットレスなので、せっかくだから使っているんですが、けっこう腰が沈み込む感じになるんですよね。

 

低反発の柔らかいマットレスなんです。どうやら、私には、柔らかいベッドマットレスは合わなかったようです。

 

今は、この高反発マットレスを購入して使ってます。
高反発マットレス【モットン】

私には、固めのほうが合ってるみたいですね。だいぶ腰への負担は減ったと感じています。

 

「寝返り」って、そんなに大事なことだったんだ。

 

すっきり目覚める女性

柔らかくて腰が沈み込む感じだと、ちょっとの間は、身体が包まれているような感じで気分がいいかもしれません。

 

でも、その状態だと、身体動かしにくいです。

 

身体動かしにくいっていうことは、寝返りしにくいっていうこと。

 

じつは、寝返りって、とっても重要な行動なのだそうです。

 

無意識にしていることなので、考えもしなかったですが、寝返りをすることで腰の筋肉を休ませているとのこと。

 

そういった情報が、私が今使っている高反発マットレスのホームページに掲載されています。参考にしてみてくださいね。

 

だったら長年使い続けて、せんべいみたいになった敷布団がいいかといえば、硬すぎますよね。寝たときに、身体の一部分だけに体重が乗った状態になって身体への負担が増えます。

 

体圧分散ができていないとダメっていうことですね。

 

硬すぎず、柔らかすぎないので、ちゃんと支えてくれるような感じなのがいいわけです。

 

将来、腰痛持ちになったりしないために。

 

私は、仕事が、長時間座ったままの姿勢でのデスクワークですので、腰には気をつけたいですね。腰痛持ちには、なりたくないものです。

 

たぶん、ある程度は、身体を動かしているほうが、身体が、ほぐれて具合がいいのだと思うんです。

 

長い時間、イスに座った同じ姿勢で、キーボードを打ったり電話で話したりしている状態っていうのは、筋肉が、だんだんと凝り固まってくるのでしょう。

 

腰に負担になるからといって、仕事をしないわけにもいかないですよね。

 

では、一日のうちで、どこかで、腰に良さそうなことをしておきたいと思いました。

 

将来、いきなり腰を痛めて病院通いになったりするのはイヤですから。

 

身体の不調の原因がマットレスだと気づいてよかったです。

 

 

そう考えると、いかにいい睡眠をとるかっていうのが大事になってきます。

 

いい眠りをするためには、どういう寝具を使うかっていうのも重要なことです。

 

休むために寝てるのに、朝起きたら身体が重かったり、腰が痛いから、しばらく起き上がれなかったりなんてことになってる状態は変えたいですよね。

 

そうした身体の不調が、じつは低反発の柔らかいマットレスだと気づかずに、長年過ごしてしまわなくてよかったです。

 

健康っていうのは、なによりも大事にしたいことですから。

 

マットレスは固めがいいのか柔らかめがいいのかっていうのは、けっこう個人差があるみたいなんです。

 

高反発マットレス【モットン】
だと、なんと90日間お試しできて、気に入らなければ返品できるとのこと(2015年3月現在)

 

 

これなら、自分に合うかどうか90日間「お試し」ができます。なかなか思い切った通販方法ですよね。


高反発マットレス「モットン」は、
折り畳み収納可能です。2つ折り、3つ折りOK。
通気性がよいので除湿はOK。
ウレタンフォーム使用で、ダニを寄せ付けないホコリがでないってことで防ダニOK。
そして、身体をふんわり、均等に持ち上げてくれる寝心地なんです。